- shop blog -

<< va-va / stand collar long shirts | main | 6/1 (土) お休みのお知らせ >>
「1つの屋号に2つの”ろくろ”」

大分県日田市の山中、福岡県との県境に位置する小鹿田皿山


家々の間を流れる川のせせらぎと、土を砕く唐臼の音が「ゴトン ゴトン」と鳴り響く小鹿田の里


1705年の開窯より続く三家体制は今現在も変わらず、
坂本家、柳瀬家、黒木家の三家が300年以上の小鹿田の歴史を守っています。


小鹿田では、一子相伝で弟子や職人を置かず、代々長兄のみが窯を引き継ぐと決まっています。
その為、作業場には親方とその長子のろくろの2つだけが並びます。


民藝運動の父 柳宗悦が「世界一の民陶」と賞賛し、バーナード・リーチが逗留し作陶し愛した場所


昔の面影、風習を先祖代々守り続ける10軒の窯元が、
昔と変わらないやり方で素朴な器を日々作り続け届けてくれます。

生活の一部に溶け込むからこそ、私たちの時代まで愛されているのかも知れません。

VA-VA onlineshop 大分県 小鹿田焼(オンタヤキ)
| TABLEWARE | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
C A T E G O R I E S
A R C H I V E S